最近VGやってて思ったこと箇条書きのあれ

vaingloryはそこそこプレイしているのにブログの存在を忘れていて全然書いていませんでした。今日のお昼頃に突然脳内でゾンビが喋り始めたのをきっかけにここの存在を思い出したので書きます。なんか長くなった。

 

・任侠フィン

「いつの話をしているんだよ」と憤慨なさるのは至極当然の理であることを承知で申し上げたい。『本当の芸術は永遠である』と。少し気取った言い方になったので卑近な表現で申し上げると、マジ・ヤベー。恐らくこれは僕のなかでいつ見てもいいなぁという類のそれだと思う。フィンのスキルのダイナミックな性質を上手く表している。実装された当初は多くの人が「このスキン絶対バフかかってる」と口を揃えて言っていたが、それはもともとあった派手さが強調されたことに由来するんじゃないか。

唯一欠点があるとすると、"任侠"という言葉に「放射能を撒き散らす」というおよそ意味不明な定義を加えた点だが、そこもまぁ、ダイナミックだということにしておきますか。クイブルクイブル。

 

・少しずつtireを上げています

7bから8sまできました。

僕は「tierはあんまり興味ないなぁ」と思っていて、その理由は

1.楽しければいいので、そもそもそんなには上手くなりたいとも実力を客観的に証明したいとも思っていない

2.大乱闘が楽しすぎる

3.熟練度の指標として少し正確さに欠ける(ざっくりと、ある程度は正しい思う)

という3つです。

じゃあなんでtierを上げているのかというと

1.人にtierを訊ねられることがそこそこあって、答えたときに「あんまりランクやってないんだけどね」とか言うのちょっと言い訳っぽくて恥ずかしいけど7bよりはたぶん上手いなと思っていた

2.自分のアカウントに表示されたことのないトロフィーを眺めてみたかった

という2つです。

味方がだいたいtier9トロフィーとかで恐らく敵もそれくらいらしく、負けてもほとんど減らず、勝ったらそこそこ上がります。このままぼちぼちやっていたら9までいきそうだなぁという感じ。自分の名前の下に9のトロフィーとかあったら変な感じがするだろうなぁ。

 

・チャーンウォーカー

ダサい。そんなにスタイルがよくないその辺の人が超マイナーなアメコミの敵のコスプレをしているみたいだ。でもそれがいい。おれもスタイルが悪いので少し親近感がある。あんな格好はしないけど。

スキルを見ると、ローム運用に適しているように感じる。面白い性能だと思う。最近はもっぱらローマーなので嬉しい反面、「またクルーシブルの重要性が上がるのかな…」と戦々恐々としている。これはローマーのジレンマだね。まぁ楽しもう。

 

なんかまだ色々ある気がするけど、疲れてきたからこの辺で。またね。

屍ハンターと屍の会話

 

「ああ、いたいた。おーい」

「うわ、ハンターじゃん」

「早めに見つかって良かったわー」

「なんなの、狩るの?」

「仕事だから狩るつもりだけど」

「仕事だからってさ、罪悪感とかないの? 一応、こうして喋ってるわけじゃん」

「それはほとんどないなぁ。だって人襲うし」

「まぁそうなんだけどね」

「でしょ。んじゃやるね」

「ちょっと待ってよ。一応俺、屍協会のこの辺りの支部の理事やってんだよね。俺やっちゃうと協会が黙ってないと思うけどなぁ」

「なに、屍協会ってのがあるの?」

「あるよ。しかも結構デカい。この国全体にネットワークがあるし、ゾンビもスケルトンも所属してる」

「うわぁ、めんどくさそう」

「そうなんだよ。毎週木曜に定例会ってのがあって、まぁ無駄な会議なんだけどね。分かりきった問題点を挙げながら、うーん困ったねぇ、とみんなで唸るだけ。そういうのに出席したり、最近またゾンビとスケルトンで派閥争いが激しくなってきてるんだよね……」

「大変そうだね。まぁ俺が言ったのは狩るのがめんどくさいってことなんだけど」

「おっかないなぁ……。それにしても、協会を知らないハンターなんて初めて会ったんだけど、きみはもしかして新人?」

「そうそう、今日からやってんだよね」

「マジ? んじゃこれ、ワンチャン勝てるかもなぁ。俺、何回かは手伝いでハンター倒したことあるんだよね」

「あーそうなんだ。まぁでも、たぶん大丈夫と思う」

「なんか自信あるみたいだけど、何、もともと武術とかやってたの?」

「いや全然。でも金持ちだからめっちゃ良い武器もってきてるんだよね」

「さっきからなんか銃イカツイなとは思ってたんだよ。やっぱ強いのかそれ」

「銀の弾が同時に6発でる。それを3秒間で15回連射できる」

「めちゃくちゃじゃん。そんなの撃たれたら死んじゃうよ」

「そういう道具だからね。じゃあそろそろ」

「ねぇ、さっきからなんか急いでない? なんなの。なんかもうちょっと、一悶着しようよ」

「ええ……もう十分でしょ。生放送始まっちゃうんだよね」

「テレビかネットか知らないけど、録画とかアーカイブとかあるよね。そんな急ぐ必要あるの?」

「放送してるときに観てたらみんなで一緒に盛り上がれるんだよ、Twitterとかで」

「ああ、わかる。後からタイムライン追っかけてるときさぁ、ちょっと寂しいよね。空になったピザの箱を見ている気持ちになる」

「ちょっとよくわからないけど。じゃあそろそろ」

「わかったわかった。じゃあこうしよう。また後日、殺してもいい屍を殺しやすく用意するから、今日のところは見逃してくれない?」

「なんだよ殺してもいい屍って。仲間じゃないの?」

「まぁいろいろあるんだよ。全部で3,000体くらいは用意できると思うんだけど、どう?」

「それはすごいな」

「一応理事だからね」

「3,000体はアツいなぁ」

「でしょ。んじゃまた連絡するよ。LINEやってる?」

「やってるやってる、これがID」

「また連絡するよ」

「うん。んじゃまたね」

24歳のときに書いた近況がでてきたのでupする

なんかブログ書きたいなとは思うけどやる気がでないので昔書いた全然ゲームと関係ない近況をupする。24歳くらい。長い。

 

近況:

ここ数日なんか酒ばかり飲んでいます。

めちゃくちゃ美味しいし楽しいのですが二日酔いになって腹を壊した野生動物のように唸り続けたり、友達に電話しまくった挙句「こういう電話をいきなりしてくるようなやつと友達だから駄目なんだよお前は!」と説教するなどの乱暴狼藉を働いており、迷惑このうえなく本当に申し訳ありません。節度と自制を以って問題解決にあたる所存でございます、今後とも宜しくお願い申し上げます。


引っ越してからというもの存在認識レベルでシカトしていた段ボールの山々を本日見事隣室に移動させ、ローテーブルとテーブルをようやく、ようやく使えるようにしました。しかし自室の整備はまだまだ終わりません。おれたちのたたかいはまだまだこれからだ!滅びろ。

1.自室と階下を繋いでいたけど僕が出払っている2年間の隙に何故か中途半端なところでニッパーか何かでそれはそれは鮮やかにぶっつりと切断されたLANケーブルを除去する

2.階下からLANケーブルを引っ張ってくる

3.無線LANの設置

上記1.2.3.が当面の懸案であり、特に1.2.については、LANケーブルが邪魔にならないよう使用していたコの字型で先端が尖ってるケーブルなどを壁に這わせるアレの除去&設置が難題であります。端的に言って狂おしいほどめんどくさい。しかしやらねばならぬことはやらねばならぬのできっちりとがんばろうとおもいます。朽ち果てろ。


以上が近況です。
冬の深まりをみせる昨今におかれましては皆様方風邪など召されませんようご自愛下さい。
ところで日本酒の美味しさがわかってきました。酒飲みてぇ。

 

────

近況:

例のごとく度の過ぎた飲酒で胃腸が完全にデストロイ状態であり「もう二度と酒など飲まぬ。悪魔の水め」と呪詛を呟きながら晩酌のことを考えています。晴れ渡る空が憎い。


先週に申し上げた懸案1.2.3.については、3.の"無線LANを設置する"のみクリアしたところで「有線を繋ぐ意味とは…?」と哲学的思考が尊く展開され、即座に「そんなものはない」との結論が間欠泉のごとく噴出した為に全て解決と致しました。めんどくさいという名のマグマのなんと熱きことか。

めんどくさいといえば、自室にあるテレビにはいまだアンテナ線を挿しておらず、映る局と映らない局があります。長めのアンテナ線を買ってくるくらいのことなんですがテレビをあまり観ないというのもあってなかなか足が動きません。


昨日は「THE MANZAI」という賞モノの漫才番組が放送される予定であり、幼少のころから慣れ親しんだ漫才、大好きなお笑いを観覧する為、放送開始までにしっかりと酒飲み、いよいよ開始の時間になってへらへらとテレビの電源を入れました。が、映りません。画面には「アンテナ線が緩んでいる可能性がある。再度接続を確認するように」との警告が表示されるのみです。聡いにも程がある僕は酔っ払っているにもかかわらずすぐにピンときました──

「アンテナ線が挿さっていない!」

すぐさま近隣に住まう友人に電話をし「漫才を愛するおれの部屋で漫才を観れないというのにお前などのような無知蒙昧、漫才への愛の欠片もないようなやつがでへでへ漫才を観ているのは理不尽極まりない!今から行くのでおれにも観せるように!」

との旨丁重に申し上げたところ即座に「おーいいよー」と抜かしやがったので「お前が綺麗なお姉さんなら言うことないよ」なんて言いながら仲良く漫才を観るなどしました。本当に素敵な友達だと思います。


以上が近況です。
冬も本番の様相を呈して参りました。風邪をはじめインフルエンザやノロウイルスにお気をつけ下さい。皆様方のご健勝とご多幸を御祈り申し上げます。

ところで、来世において松雪泰子の子供に生まれるにはどのような善行が必要なのでしょう。

 

──

ロクでもねぇな!

箇条書きのあれ

大乱闘くらいしかvaingloryをプレイしていないけど少し触って思ったことを好き放題テキトーに書くコーナー。

 

・バティスト面白くないですか?

バティストめっちゃ面白いんですよ。ゲーム性については大して深いことを書けないのでインタラクティブアート的な観点でわーわー言いますが、まずAスキル。パリンッ!ピシャッ!なんか液体が飛び散るじゃないですか。いいんですよ。あのバイオテロの趣きが、なんかすげぇ不気味な悪いことしてるみたいでよくないですか。他のヒーローは真っ向から強そうなことをするでしょう。ガトリングを放ちたいだけ放ったり、斧で斬りつけたり、隕石を落としたり。絶対に痛い。直感的ですよね。それはそれでイイ。しかしあのピシャッ!は「えっえっ、なんか怖い!皮膚が溶けたり吸い込んだら前後不覚になったりするのでは?!」という恐怖の想像を掻き立てるんですよ。長くなったからこんくらいにしとくか。

 

・壊れた人形アルファ(L)

なんかLoLに似たチャンピオンがいましたね。とても可愛い。vaingloryにはもう課金しないけど彼女の為にエッセンスを集めました。カードも貯めてたのでもう解放できるんじゃないかなぁ。

 

・新ヒーロー

これも美しいですね。うーんイイ。少し話が逸れるけど、新しいヒーローが実装される度に「ロームのヒーローかな?」と考えていて、いつのまにかローマーを自負している自分に驚きます。しかし僕とプレイする人に予め言っておきますが、アイテム購入ログにクルーシブルがでたからと言って安心しないでいただきたい。それは僕のヘルスをたーくさん増やす為に買っているんだよ。ちょっと前まではフィンのultとか余裕で反射していたけど、シャドバのエロい絵で生きる鋭気を養っているあいだに、もう無理になってるんだよね。引っ張られたら「獲物が近くになってよかったな」くらいに思って欲しい。すまんな。

 

・永久グローリーブースト

実装された日に買ってもう1年以上経過しています。目に見えてグローリーが貯まるので、無課金でプレイする人もこれだけ購入するといいと思う。ちょいちょいやってるだけで新ヒーローのアンロックとかエモートとかには困らなくなる。今度実装されるタレント機能にもグローリー使うんだっけか? 

 

・SEMCは黒人巨乳ロームヒーローを実装せよ

どんだけ待ってると思っているんだ。いい加減にしろ!「ランスの胸囲も凄いから、巨乳と言えば巨乳では?」なんて言うつもりならてめぇんとこの社長の未貫通ベインクリスタルに刺突をぶち込んでやる。いいかよく聞け。34歳くらいの大人のお姉さんだ。何度も言うが巨乳のな。腹筋は少し割っといてください。刺青はあってもいいけど、顔はやめて欲しい。髪の色は黒か銀(白)。あと1年待つから、お願いしますよ。

 

今日はこの辺にしとくか。おわり。

ゲームに関係のない短い小説

短い小説。眠れなかったからテキトーに。

──

  友人の葬式で会った以来、久しぶりに連絡をよこしたと思ったら挨拶もそこそこに「最近変な夢を見る」と言ったのは10年来の友人で、疲れてんのかなコイツと思った。おれだって昨日オランウータンと碁を打つ夢を見たばかりだ。たぶん疲れている。

  セブンイレブンで買って温めてもらったのり弁当が冷めるのがいやだったので、断りを入れて食べながら聴いたところによると、その夢というのは幽霊とゲームをする夢らしい。やっぱりおれと一緒だ。最後に食べる白身魚のフライを箸で避け避けしながら、オランウータンと幽霊とならどっちと遊べば楽しいかぼんやり考えた。

  どういうゲームなの? と尋ねるとモバダ、モバダと言うので、モバダ? なんか南の島の言葉かと訝しんでいたが埒が明かないので尋ねるとMOBAとかいうゲームのジャンルらしい。ふうん知らんな、それは楽しいのか? と訊くと「楽しい」とのこと。それはよかった。楽しいのはいいことだね。と本心から感じてそう言った。

  すると「いや重要なのはゲームのジャンルじゃなくて、幽霊とゲームしてるってとこなんだよ」と言うので、なに、なんか呪いのゲームみたいな、命の取引をさせられる系のおっかないやつなのかと訊くと、「いや、そんなのは全然ない。普通に遊んでてめっちゃ楽しい……でも幽霊と楽しくっていうのは、なんか死を望んでるみたいな深層心理の表れなんじゃないかなとか思って」鰹節ごはんを食べ終わってコロッケと白身魚のフライだけが残っている。

  おれはフロイトじゃないからよく分からんが、とエクスキューズを入れながら答えた。つまり、幽霊というと死後もなお抱き続ける怨みが強い念となって……みたいなイメージが強いけれども、お前が楽しくそいつとゲームしてるというのは、やっぱり相手は人間なんじゃないのか? 肉体はないけれども、声とかプレイングの癖とか、つまりそいつをそいつ足らしめる要素があって、つまり思念だけは確かにそこにあるが肉体の存在しない人間……別に幽霊だろうが人間だろうが、楽しく話ができれば変わらないし、それでいいんじゃないか?  

  すると「いや、やっぱり人間と幽霊は違う。人間だったらこうやっていつでも電話して話ができるし、飯にも誘える。幽霊と呑む為に、2名で、とかって予約入れられないだろ」とえらくムキになって反論してして、もう何の話かよく分からなくなってきたが、いつでも電話して話がとか、いくら連絡しても返事をよこさないで半年振りにやっと何か言ってきたと思ったら幽霊云々騒ぎ立てるやつがよく言うよなぁと少し腹が立った。おれからすればお前は幽霊だよ。……もう本当は解ってるんだろ?  昔から頑固なやつだった。白身魚のフライはすっかり冷めている。お前と呑む為の予約はもう入れられないけど、こうしてまた連絡を寄越せばいい。たまに話ができればそれでいいよ。

 

──

 

おわり。

ゴシップ誌のこと

全然ゲームのことを書いていないやつ。テキトーにゴシップ誌のことについての愚痴。長い。

 

中学生くらいの頃からずっと「ワイドショーとか週刊誌とかマジでくだらないからなくなってほしいな」と思っていて、今でもそう思ってはいるんだけども、半ば諦めている。理由は普遍性がヤバそうだから。

 

普遍性には大きく分けて二つある。時代性と地域性。ゴシップ誌における時代普遍性を考えたとき、アメリカとかヨーロッパとかの時代性はよく分かんないけど、日本では少なくとも江戸時代には既に存在していたらしい。地域普遍性はというと、イギリスにもゴシップ誌がありフランスにも意外とある。アメリカにはもちろん余裕で存在している。中東も気になったから調べてみたけど、よく分からなかった。中南米では、ブラジルはあるらしい。メキシコはよく分からなかった。

 

もちろん各時代・各地域でどの程度発行されているか、どれくらい広く読まれているのか差はあるだろう。しかし恐らくだいたいどこにでも存在していて、世界的な雑誌不況が見込まれるなか未だ存在するというのはある程度の需要があるということだ。

 

普遍性があるということは、人間の根深いところにソレを維持するだけの何かがあるんだろう。だからもう、日本に週刊誌やワイドショーが存在することを半ば諦めている。

しかし、他の時代・他の地域のことは体感的には分からないけども、日本のゴシップに対する熱量は高過ぎるんじゃないかと思う。「文春砲」とかいう言葉が流行したとき、なにやら凄そうなもののように語っている人がいたけども、何が凄いのかさっぱり理解できなかった。低俗な噂話を全国規模で広めてるだけだろ。昨今の過剰な倫理観と相まって非常にタチが悪い。別にバンドマンが浮気してるからってそれがなんなんだよ、と思う。他人のことだからどうでもいいしそんなのは人の自由だろ。だいたいがバンドマンなんてちょっとやばいやつが結構いるんだよ。当たり前だろ。いい加減にしろ。

 

本格的に愚痴の様相を帯びてきたから終わり。

vaingloryはバティストがグローリーでアンロックできるようになるがちょっと楽しみかな。

本のこと

vaingloryもシャドバもアップデートがきているけどなんかやる気がでないので好きな本のことを書こう。たぶん5冊くらい。カッコ内は作者。

 

・告白 (町田康)

明治時代、大阪で起こった大量殺人事件をモチーフにしている。言葉の音が心地いい。結構長い。砕いた言葉、ユーモラスな言い回しで細かい心情を描写していて、普段読書をしない人でも読みやすいと思う。ただ結構長い。あと史実を題材にしているから「このあとどうなるのかな」的な高揚はない。展開を楽しむというよりは登場人物の心情を味わう類のもので、いわゆる純文学というやつに分類されると思われる。とにかくリズムがいい。

 

・我らの狂気を生き延びる道を教えよ(大江健三郎)

ノーベル賞作家の短編集。大江健三郎のことは小説を読むまでは「よく知らないけど権威あるちょっと難しいやつなんだろう」と思っていたけど、そんな堅苦しいやつじゃなかった。というかむしろちょっと頭ヤバいんじゃないかなと思う。時期によって結構文体が変わるみたいで、後期のはあんまり読んでいないけど初期と中期のこれとで言えばこっちの方が奇抜で面白い。結構読みづらいけど慣れたらハマる。

人の心の核で熱を放つ狂気、強いこだわりや強迫観念についての短編集。

 

ドグラマグラ(夢野久作)

どっかの出版社がつけた「読んだら精神に異常をきたす」というまとめブログレベルの三流コピーが一人歩きして都市伝説的な評判に変容している小説。表紙が卑猥。段落ごとにガラッと文体が変わるし構成も少しややこしいので、普段あまり本を読まない人にとってはかなり読み辛いと思われる。事前に全体の構造とそれぞれの段落の概要を掴んでいると読みやすくなるかもしれない。

推理有り、ホラー有り、ラップ有り、親子愛有りの超エンタメ作品なんだけど、上記の理由からエンタメとは受け取ってもらえない。めっちゃ面白いのにな。

 

眠くなってきたらからあと何冊かタイトルと著者名だけ書いて終わりにする。

 

・河童(芥川龍之介)

煙か土か食い物(舞城王太郎)

ナインストーリーズ(J・D・サリンジャー)

・太陽を曳く馬(高村薫)

 

まだあるけどキリがないからこの辺で。

最近本を読んだらすぐ眠くなるんだよね。

おやすみ。